大鰐温泉もやしがタオルになりました!

日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN×青森県・弘前市の協業で、大鰐温泉もやしタオル・大鰐温泉もやしワニタオル・ワニゲーターが新宿のBEAMS、BEAMS公式オンラインショップにて2月10日から3月9日の間、期間限定販売されます!遠方の方でもオンラインショップを覗いてみてね♪

大鰐温泉もやしタオル

大鰐温泉もやしを実寸大のフェイスタオルにしました!生鮮品でお土産に難しい大鰐温泉もやしを知ってもらいたい、インバウンドのお土産にもしたい、多くの人に大鰐温泉もやしを知って貰いたい!との思いから、温泉のお供のタオルとして商品化しました。タオルの製造は110年以上の歴史を持つ三重県津市のおぼろタオルさん。明治41年に専売特許を取得しているおぼろ染タオルは、水で塗らすとおぼろげに柄が浮かび上がります。この二重袋織ガーゼタオルの良さは見た目だけではなく、薄いのに吸収力があり、速乾性に優れ、柔らかな肌触り。一度使うと良さを実感出来る逸品です。ラッピングも大鰐温泉もやしらしく、藁で束ねてあります。こちら、平川市の就労支援施設”きりんの里”の皆さんが行ってくれました!

大鰐温泉もやしワニタオル

同じ大鰐温泉もやしタオルでも、ぽっちゃりワニがもやしを背負っている大鰐温泉もやしワニタオル。同時発売している下駄の柄が可愛くて爆誕。こちらもおぼろタオルさんの二重袋織ガーゼタオル。このタオルの安全性は、国際規格のクオリティOECO-TEXスタンダード100。日本のモノ作りは秀逸ですが、その基準をはるかに超える350種以上の有害物質を対象にした世界基準の安全性、人や環境に配慮したサスティナブルな工場認証なんです!スゴイ!!製造依頼をした後に知り、嬉しい驚きでした。

ワニゲーター

昔は、湯のまち大鰐には下駄の音が鳴り響いていた。もう一度カランコロンと下駄の音が聞こえる町にしたい!との思いから生まれたワニゲーター。音のいい二本歯下駄に拘った下駄。柄はあじゃら工房さんに焼き付けて貰いました。あじゃら工房さんの書いた初版の鰐を、イラストレーターこばまゆさんに仕上げて貰いました。この鰐の絵がBEANMS JAPANさんにも好評で、もやしを背負った鰐をこばまゆさんに描いて頂き、大鰐温泉もやしワニタオル誕生となりました。

下駄台と鼻緒は弘前市の阿保下駄製作所さんにお世話になり完成!全品桐下駄、こぎんの鼻緒は綿×本天、メンズの鼻緒は正絹とクラッシクですが、レディースとキッズは綿のPOPな仕上がりとなっております。キッズとは言え、女性や足の小さ目の男性でも履けるサイズかと思います。

『BEAMS EYE on AOMORI』

BEAMS JAPANバイヤーと青森県の事業者が試作、ブラッシュアップを重ねて青森の魅力が詰まった商品を開発しました。伝統、文化を感じるライフスタイルを彩るものから豊かな自然から生まれた美味しい食品まで、ぜひお楽しみください!

https://www.beams.co.jp/tag/210210_BJ_01/