大鰐町探索/うまいもの巡り 街中の老舗店舗、日景食堂

温かい雰囲気の中で食べる、塩ベースのもやしラーメン


名産の大鰐温泉もやしをふんだんに使った「もやしラーメン」は、今や大鰐町の名物になっています。もやしラーメンは、食べ比べしたくなるほどお店の個性が光る一品ですが、その中でも100年以上の伝統ある老舗店舗として知られる「日景食堂」は、塩ベースのスープが特徴です。映画化もされた小説『津軽百年食堂』のモデルの1つにもなっています。

大鰐町のみなさんの愛しき食堂

日景食堂は、大鰐温泉駅から東へ徒歩約8分ほどに位置し、駐車場もあります。”大鰐の大日様”と親しまれる「大円寺」の向かいにあるので、観光がてら大円寺参りをしてから食欲を満たす、なんてこともできますよ。

営業時間は11:00~19:00で、もやしラーメンの他にもオムライスをはじめ、大鰐町のみなさんに愛される食堂メニューが豊富です。今回はオムライスも気になっていたのですが、やはりここでしか味わえない塩味の名物もやしラーメンを食べてみました!

落ち着いた雰囲気の店内

お店に入ってみると、どこか懐かしい雰囲気に包まれます。座席は、テーブル席と座敷が用意されており、大人数の来店にも対応可能です。お昼過ぎになると昼食がてら、近所にお勤めの方やご家族連れのほか、1人で来店される地元の方も多く、この大鰐町において長い歴史の中で多くの人たちに愛され続けてきた印象を受けます。

 

テーブルの上に置かれているメニューを見ると、オムライスやチャーハン、かつ丼等ご飯類もありますが、ほとんどのお客さんはもやしラーメンを注文している様子です。

注文をする時にはお店の方が厨房で調理されているので、カウンターから注文をするのがベスト! ラーメンを待っている間は野菜を炒めているいい香りやスープの香りが店内いっぱいに広がり、期待がどんどん高まっていきます。

運ばれて来ました! 野菜たっぷり! 塩ベースのもやしラーメン

塩味のスープは白ゴマと黒コショウが効いたコクのある味わいに、野菜から出た旨味が調和されて、とにかく美味しいです! とくに、もやしの独特な風味がスープにいい感じで調和し、その歯ごたえも絶妙で、ラーメンの中に見事な存在感を発揮しています。

写真3

日景食堂のもやしラーメンは塩ベースになっています。メインの大鰐温泉もやりとニンジン、メンマ、キクラゲ、豚肉、ネギ、ゆで卵が入っていて野菜たっぷりでヘルシーな感じです。

ラーメンは細い縮れ麺です。もちろんスープや具材との相性はバッチリで、麺と上手く絡んでいます。もやしと一緒に食べると本当に歯ごたえがよくて病みつきです。そのシャキシャキした食感と野菜のボリュームで、食べ終わった頃には満腹になること間違いなしです。

また、ボリューム満点にも関わらずお値段は680円なのでびっくり。冬になれば芯から身体を温まめてくれる絶品料理です。たくさん野菜も摂取できるので健康的ですね。

(蛯沢恭子)

営業時間

11:00~19:00

不定休

アクセス

JR奥羽本線・弘南鉄道大鰐線 大鰐温泉駅より徒歩8分

駐車場あり

所在地

青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字大鰐55-2

電話

0172-48-3430

関連記事