大鰐町、冬の魅力を探訪

大鰐町、冬の魅力を探訪

青森県津軽地方の南部に位置する大鰐町は、山間に流れる岩木川の支流と平川に沿って開けた、スキーと温泉の町です。今回は四季豊かな大鰐町の魅力の中でも、とくに冬ならではの楽しみ方についてご紹介しましょう。

冬のたしなみ「スキー」を楽しむ

冬の大鰐町の魅力といえば、地元の皆さんは口をそろえて「スキー」と答えます。全日本スキー連盟発祥の地でもある大鰐温泉スキー場は大正11年に完成し、現在に至るまで広く全国のスキー愛好家により親しまれてきました。広いゲレンデと誰もが満喫できる多彩なコースを誇り、これまで4回にわたり冬季国体の会場にもなり、国内でも有名なスキー場として名を馳せています。

東北自動車道大鰐弘前ICより15分でアクセスすることができる大鰐温泉スキー場のオープン予定日は、12月23日(金)となっています。ファミリーでも楽しめる広いゲレンデと北国独特のスノーパウダーを満喫した後は、温泉でゆったりと疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

写真1

大鰐温泉スキー場は、今シーズンは12月23日にオープンの予定です

写真2

大鰐温泉スキー場の頂からの景色は格別ですよ

温泉郷で身体の芯から温まる

大鰐温泉には800年もの歴史があり、太宰治の著作である「津軽」にも記述が見られます。また明治28年には奥羽本線大鰐駅(平成3年に大鰐温泉駅に改称)が開業したこともあり、大勢のお客様で賑わいを見せました。冬の寒いシーズンは大鰐温泉郷の湯をはしごして堪能するのがおすすめです。

大鰐温泉郷の湯の多くは内湯ですが、大鰐町地域交流センター「鰐come」には露天風呂もあります。じつは冬の露天風呂は非常に趣深いものです。雪が深々と降る中で温かい湯舟に浸かるのは格別です。

また、大鰐駅前には「おもてなし足湯」がオープンしています。大鰐町のレトロな街並みを目の前にして、足湯で温まるのもよいでしょう。

写真3

雪見露天風呂を楽しめる大鰐町地域交流センター「鰐come」

写真4

大鰐駅前には気軽に立ち寄れる足湯があります

寒い冬には大鰐温泉もやしラーメンが格別

大鰐町といえばいわずと知れた「大鰐温泉もやし」が名物です。温泉街を歩いていると「ラーメン」と書かれた暖簾を多数見かけます。大鰐町内のラーメン店や食堂では、大鰐温泉もやしを使用した「大鰐温泉もやしラーメン」がメニューに並んでいます。地元でも希少な大鰐温泉もやしを乗せたラーメンはあっさり醤油味がベースとなっており、シャキシャキと歯ごたえのあるもやしとの相性は抜群です。

写真5

大鰐温泉もやしをトッピングしたラーメンは大鰐町のラーメン店や食堂でメニューに並びます

冬の名物詩「ラッセル車」

弘南鉄道大鰐線は弘前市の弘前中央駅から大鰐駅間の13.9kmを結ぶ民営鉄道です。かつて東急電鉄で活躍していた車両がここで余生を送っているほか、独自にラッセル車も保有しており冬季の降雪時にその雄姿を見かけることができます。線路上の雪をかき分けて進むその姿は大鰐町の冬の名物詩ともいえるでしょう。

写真6

線路に降り積もった雪を除雪するラッセル車

写真7

冬にしか味わうことが出来ない魅力を堪能しに、ぜひ大鰐町へお越しくださいませ。

(KT)

関連記事