昭和レトロな大鰐町を散策する

昭和レトロな大鰐町を散策する

青森県津軽地方の南端に位置する大鰐町は、豊かな自然と緑に恵まれ、古い伝統が今に伝わる街です。県都青森市から約50キロ。北~西側は弘前市、東側は平川市、南側は秋田県に接しています。温泉街として栄えた大鰐の湯は円智上人により建久年間(1190年から1198年)に発見されたと伝わっています。江戸時代には津軽藩の湯治場として津軽氏の歴代藩主も訪れ、御仮屋と呼ばれる館が設置されました。また江戸時代には津軽地方の人々の療養の場として広く利用されました。青森と日本海沿岸の各地域を結ぶ街道上にあった大鰐は宿場町として発展し、とくに鉄道が開通した明治後期から大正、昭和初期にかけて最も賑わいを見せていたと言われています。

街を散策すると、そんな時代の名残があちらこちらに見受けられます。大鰐の昔を現代に伝える史跡や名勝はもちろん、昭和レトロな雰囲気をかもし出す建物が点在する大鰐の街並みを散策してみませんか。

写真01

大鰐若松会館(後ろの建物)。1Fが公衆浴場となっています。

写真02

大鰐若松会館の公衆浴場入り口。オブジェにレトロ感が漂います。入浴料は200円。

写真03

大鰐温泉駅から大鰐銀座通りを進むと平川を渡る橋があり、この向こうがレトロな雰囲気が漂う大鰐温泉街です。

かつては湯治客でにぎわった温泉客舎がまだ現存

湯治客のための宿として、明治時代の津軽地方には「客舎」と呼ばれるものが点在していました。湯治のために安価に長期滞在できる宿のことで、洗面所等は共用、自炊ができる設備などが整えられていました。最盛期には大鰐に30軒を超える客舎があったそうですが、湯治という慣習が廃れていくと共にその姿を消していきました。大鰐にはこの「客舎」の看板を掲げる宿が1軒現存しています。(※現在、宿泊はおこなっておりません。)この久七温泉客舎では、昔ながらの湯治を体験可能です。客舎内の温泉に浸かるもよし、ふらりと街に出て公衆浴場を愉しむのも良いでしょう。

写真04

津軽地方特有の宿「客舎」。湯治客のための長期滞在可能な宿でした。大鰐にはまだ現存します。

写真05

民家のような佇まいの現存する希少な客舎です。

写真07

古き良き時代の佇まいを残す大鰐町をぜひご散策ください。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(G)

アクセス

「大鰐温泉駅」から徒歩10分~15分

大鰐若松会館
Google mapはこちら

関連記事